AUTHOR

神保康介

  • 2021年10月24日

そろそろ「車窓」が見頃です。目的地までに目的が叶う、秋旅ワーケーションへ

大空から降り注ぐオーロラやナイアガラの滝など、ダイナミックな自然遺産が魅力の海外旅行。それに比べると日本国内はそこまでダイナミックなものはなくても「なにげない風景の美しさ」が魅力といえます。しみじみと味わいがある分、何度見ても見飽きないのもいいところ。同じアジアの山間風景でも、大陸の方は黄砂で霞んで […]

  • 2021年10月17日

淡路島西海岸でランチリゾート。潮騒派ワーケーターが楽しむ「平日プレミアム」

編集部のある淡路島では今、続々と「海辺の屋外レストラン」がオープンしています。なかでも、先日郡家エリアにオープンした「Frogs FARM PICNIC GARDEN」は、西海岸在住の編集長神保が工事中に前を通るたびに気になっていたスポット。回転寿司屋さんや中華そば屋さんに、お洒落なコテージなどが続 […]

  • 2021年10月10日

気分転換ついでにリハーサル。近所のお気に入りテラスでプチワーケーション

すっかり過ごしやすい季節になりました。四季を通じて実施できるワーケーションですが、やはり「旬」といえるのは屋外で日本の豊かな自然の風をダイレクトに感じられる春と秋でしょう。行楽ムードの高まりに合わせておでかけするのもいいですが、まずは気分転換がてら近所でプチワーケーションしてみるのも手軽でおススメ。 […]

  • 2021年10月3日

うずしおだけじゃない。淡路島の鳴門海峡エリアで「世界一巡り」の旅を

淡路島は世界一にサンドされた島でもあります。北は世界最長のつり橋「明石海峡大橋」、南は鳴門大橋(大鳴門橋)の下に渦巻く世界最大級の「うずしお」。くるっと一周しても4時間程度ですから、ワーケーションついでに世界一巡りの旅をするのもダイナミックで素敵です。大胆でマクロなビジネスの発想にもつながるかもしれ […]

  • 2021年9月26日

一石三鳥の妙手。5年で5倍に拡大するワーケーション市場の成長力

現代の日本は、目下コロナ禍で長期に渡り深刻な打撃を受けている飲食・観光業の経済対策に加え、社会全体としては先進国中最低レベルの生産性を向上させる「働き方改革」。また高まる南海トラフ地震への警戒感から「東京一極集中の解消」など、いずれも重要な社会問題が複雑な糸のように絡まり合っています。 一石三鳥の妙 […]

  • 2021年9月19日

ある日の編集会議風景。編集部のある淡路島「福良」の魅力をご紹介

編集部S「うーん、この空間もうちょっと抜け感がほしいな・・・」 編集部T「仕事用に籠れる空間もほしいです」 こちらは、ある日の編集会議の様子。何やら構想が進んでいるようですね。徐々に具体的になってきたら、皆様にもお知らせしていきますね。編集長はお腹がすいてきたので、会議室をこっそり抜け出して福良ラン […]

  • 2021年9月12日

ワーケーションは二度おいしい。 人気の観光地で堪能できる「平日プレミアム」

販売職や美容師さんなど、土日勤務で平日に休みを取る友人の話を聞くと「休みが合わない」という声の一方で「どこに行っても空いていて気分がいい」という話を聞いてうらやましく感じることはありませんか?休日には行列ができるような人気店にも並ばずスムーズに入れたり、素敵なテラスカフェをひとりじめできたり。こんな […]

  • 2021年9月5日

遠きにありて想うもの。抽象的思考力を高める、超具体的アプローチ

「ふるさとは、遠きにありて想うもの」という言葉があります。親のありがたみや大切さは、ひとつ屋根の下で一緒に暮らしている時にはなかなか感じられず、親元から離れた時に初めて分かるもの。多くの人に共通するこの感覚には、距離が離れてしまったことによる寂しさといった気持ちの問題だけでなく、私たちの脳の仕組みも […]

  • 2021年8月29日

仕事中にこっそり若返ろう。アンチエイジング効果のある働き方とは

医療技術の発達により、人生100年時代が到来しつつあります。せっかく長く生きるなら、なるべく若々しい状態のまま過ごしていたいもの。しかし「仕事後は5歳老けて見える」という話もあるように、一日の生活時間の大部分を占め、何かとストレスの多い仕事時間は若々しさを奪う大きな要因なのかもしれません。今回は、働 […]

  • 2021年8月22日

週末は前倒しできる。ワーケーションを活用した「バケーション倍増計画」

長雨のあともまだまだ残暑が続きますが、お盆休み明けの最初の一週間をようやく乗り切って2度目の夏バテ真っ最中という方も多いのでは。「こんな調子で、果たして来週の一週間を乗り切れるか今から心配・・」「週末を前倒しさせられないか・・」という方のために、今話題のワーケーションを活用したつらい一週間の乗り切り […]