一日を大きく使おう。新スタイル「カーケーション」をでっかく楽しむコツとは?

淡路島360°オーシャンビューを仕事場にする「カーケーション」。広大な空や海を眺めながらの仕事は普段と違った発想に出会うチャンス。仕事を片付けながら同時にリフレッシュができるのも魅力のひとつ。しかし、新しく生まれたスタイルゆえに満喫するためにはコツを押さえておく必要があります。

カーケーションをでっかく楽しむコツ

カーケーションを楽しむコツ①:適切な仕事をチョイスする

まず第一に「仕事のチョイス」を間違えないこと。でっかい景色を観ながら見積書などの細かいエクセル仕事をするのはミスマッチ。やはりビジネスの企画を構想したりビジョンを描く仕事が向いています。

あとはあえて入れたくなるのはWeb会議です。一度はやってみたい「Zoom背景かと思いきやリアル背景!」を叶えるチャンスです。

関連記事

大きな海や空を眺めながら、潮騒の音でリラックスして脳波もクリエイティブなα波状態に。ここで見積書を作るのはもったいない。せっかくカーケーションに出かけたなら、会社のデスクではできない仕事に取り掛かりましょう。カーケーションに合う仕事たち[…]

カーケーションを楽しむコツ②:素敵な一日をデザインする

次にこだわりたいのが「一日のデザイン」です。カーケーションでは、一箇所ではなくいくつかの淡路島のスポットを巡りながら、海岸線ドライブの移動時間を気分転換として活用するのがオススメ。移動しながら気分をリセットできますし、その間に新しいアイデアが浮かぶことも。

また「平日プレミアム」を満喫できるランチリゾート施設や島の食材の買い物など、仕事と仕事の間に島ならではのイベントをリズミカルに挟むのもコツです。

関連記事

ワーケーションのメリットのひとつに「平日プレミアム」を満喫できるという点があります。休日には大行列となってしまうような人気のレストランでも、平日のランチで使うとスムーズに入れ、場合によっては風の抜けるテラス席をひとりじめ、なんてことも。[…]

カーケーションを楽しむコツ③:一日のクライマックスを2つ作る

最後に、一日のクライマックスを2つ設けることをオススメします。1つめは夕陽を締切とした海辺のワーケーション。そして2つめは貸別荘での『星空BBQ』や昼間に買い回った島のとれたて食材の持ち寄りディナーパーティー。

 

『海の幸、山の幸。そして空の幸』を満喫するのが淡路島C-Sideスタイル

 

▶淡路島C-Sideで『海の幸、山の幸。そして空の幸』を満喫する。

移動カーオフィス付き貸別荘 | 淡路島C-Side

淡路島の3つの「幸」を堪能する 淡路島を御食国にした「海の幸」 瀬戸内海に囲まれ、豊かな海産物に恵まれた淡路島は古来より…

最新情報をチェックしよう!